top of page
검색

(Japanese) 移民局の業務の再開

コロナウイルスの影響で中止されていた米国の移民局の「人を直接会わなければなら業務たち」を明日(6月4日)から再開をし、これらの業務は、次のとおりです: - 永住権のインタービー - 指紋採取 - 市民権宣誓式 「亡命申請」の業務も再開をするそうですが、ほとんどの日本の方々には、該当しない業務であるので、上記の3つだけ言及をしていただきました。 ですから、永住権取得のためのインタビュー、永住権や再入国許可などのいろんな手順のための指紋押捺、市民権宣誓式などの過去数ヶ月の間に停止された業務が急いで戻って進行することがあり、これらの手順が係留されていた方には日付を指定していただく通知を移民局からすぐに送信されるそうです。 (もし、その、あらためて指定された時間が不便であると、移民局に電話をして変更を要請することもできます。) ちなみに、市民権宣誓式は30分前より早く入場することができず、他の手順は、15分前より早く入場することができないそうですから、無駄に待つ必要がないように時間を正確に合わせまして行かれることがいいと思われるし、 また、マスクを使わなければ入場が許されないそうですから、きっとマスクを着用をしていかなければならないのです。


조회수 4회

최근 게시물

전체 보기

미국 시민권자 및 영주권자가 아닌 외국인들은 코로나바이러스 백신을 접종을 받지 않은 경우 미국 입국을 제한을 하는 법령이 11월 8일 자정부터 발효될 것이라고 백악관 측에서 발표를 하였습니다. 이 법령은 11월 8일 후 60일째 되는 날에 유지, 변경 또는 연장 여부가 검토가 될 것이며, 그 후에도 30째 되는 날마다 매번 검토가 될 것이라고 합니다. 시민

각 전문 분야의 NIW 및 EB-1의 승인 케이스들에 대한 대략적인 정보를 다음의 각 링크에서 참고하실 수 있습니다: - 금융 / 회계 / 경영 / 법률 분야 - 의료 (의학 / 한의학 / 간호학 / 약학) 분야 - 공학 (엔지니어링) 분야 - 일반 과학 분야 - 체육 분야 - 음악 분야 - 미술 / 실용예술 / 기타 예능 분야 - 기타 분야들

2021년 9월에 도래하는 우선 순위 날짜에 대한 Visa Bulletin에 대한 설명을 첨부파일에서 참고하실 수 있습니다.

bottom of page